« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月 1日 (月)

近況

コメントをお返ししたりできてなくてすみません(>_<)
今後更新もお休みするかもしれません。
一緒遊びたいねと言ってたお友達の皆さん、多分無理そうなんで、この場を借りて報告とごめんなさいm(__)m

私は今佐賀に居ます。
闘病中の母にこの先ずっと付いてあげたいので、実家になるべく居るつもりです。

先日泣きながら母から電話がありました。
「応援してくれてる皆に悪いけど、お母さんもう無理、もう頑張ったよね」
と言って、別れの挨拶を私に伝えようとするんです。
すぐに着替えやら今後佐賀に居られるように色んな準備して会いに行くと、数日前と別人な母が居ました。
先週まではまだ歩き、気持ちも元気だったのですが、副作用が強く出てきたのと、胃癌が広がってきてるようで、痛みに一日中耐えてて、ご飯もほぼ入らなくなり、かなりやつれてました。

髪の毛も抜け落ち、やせこけ、一気に老化したような母の姿見ただけで泣いちゃいたくなりましたが、電話の時も含め気丈に振る舞えて、涙もろい私にしては頑張ったと言いたい。

本人はもう先はないと感じてて、兄にも電話でお別れの言葉を伝えてました。今のうちにと色々焦ってたようでした。

容態は確かによくないです。
先生にお話聞いたところ、悪性リンパ腫も悪くなってるし、胃癌もお腹や腰付近にも広がってきてて、これからまた薬を頑張っても効き目の期待はそれほどできないようです。
本人の気持ちや体の具合からいっても治療はもう無理なので、とりあえず治療から解放してあげたいと考えてます。

治療をやめるという選択はもっと辛いものと思ってましたが、今は早く痛みから解放してあげたい、少しでも楽にしてあげたいという思いが先です。
母が望む緩和病棟に入れてあげたいと考えてます。
今まで辛い治療に気丈に頑張ってた姿をずっと見てきたので、それを誉めてあげたい。
今の母に頑張ってとか、ご飯食べなさいなんて言えないです。

眠ってる時に、何かをつかもうと細い腕を伸ばしたり、モゴモゴ口を動かしたり、苦しそうに顔をしかめてる母を見てると涙がこみあげてきます。

でも琴美や豪くんに笑顔で話したり、昨日は母の兄弟が皆で訪ねてきてくれて、長い間しっかり話したり笑ったり、びっくりするくらい調子がよくて。
人と接すること、楽しみを持つこと、気持ちがとても大切なんだと感じました。
昨日1日でまだ生きたいと前向きに思えるようになったみたいで、そんな姿に私たち家族も励まされました。
副作用が抜け、少し楽になってくれて持ちなおすといいな。
土日は父も居たのでなんとかなりましたが、子ども二人を見ながらは難しいので、一時保育を利用しつつと考えてます。
預けることを考えると断乳もしなきゃと思うんですが、バタバタなもんで泣き喚く豪くんに断乳を頑張る余裕今ないです・・。
とりあえず子どもが居るから考え込む時間もなく、父も私も笑顔でいれたり、気を張ってられることもありますし、今を大切に頑張ってます。
とりあえずご報告まで。

暗い話題書いてすみません。コメントはよいですよ。自分の吐露ですので。

| | コメント (6)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »