2006年12月 7日 (木)

出産レポート③

【出産後の様子】

出産を終え、琴美がきれいにされてるうちに、胎盤も無事でました。

870gあったそうで、こちらも大きめのようです(*^_^*)

その後会陰縫合。

「麻酔打ちますね~」と言われて、切るとき打ってなかったことにビックリ(;゚⊿゚)ノ

1針1針縫ってる様子が分かるし痛いけど、さっきまでの痛みや大変さに比べればなんとか我慢できる痛みです★

声を出さず耐えてたら「暴れる人も居るんだよ。あなた我慢強いね~」とか、出産も前の2人は吸引だったけど、上手だったよ偉かったね~」と褒められ、なんか嬉しかった(o^-^o)

縫合されている時、両親が赤ちゃんを見て喜んでる様子が聞こえてきて幸せだった。

赤ちゃんは新生児室へ移動し、縫合も終わり、分娩室で旦那と2人になったとき、旦那から「お疲れ様」とキスされた**(/▽/)**

それが何より嬉しかった★

それから、父母が「お疲れさん」と一言伝えに来てくれた。

母が涙ぐんでいるのを見て、初めて私もウルウルきました・゚゚・(>_<;)・゚゚・

ずっと付き添ってくれた母。仕事後駆けつけてぎりぎり産声を聞いたという父。

自分が親になって、両親に感謝の気持ちが溢れてきました。

その後、分娩室で2時間休憩。

でも、ハイになってたのか眠くもなく、旦那に撮ってきてもらった赤ちゃんのビデオを見たり、ブログに出産報告をしたり、友達に知らせたりして過ごしました(≧ω≦)

やっと部屋に戻ったら、旦那のお母様と妹さんが駆けつけてて、紀子様みたいに可愛いシューズと、「お疲れ様でした」の言葉をいただきました(´▽`)

部屋へはフラフラしつつも支えられながら歩いて戻り、すぐにとってあった食事にありつき、陣痛の時食べたかったケンチキとミスドまで食べたわ(○゚ε゚○)

もう9時になる頃だったので、泊まる旦那以外は皆帰り、2人でゆっくりとした時間を過ごすことができたし、朝まで体も休めたので、夕方の出産ってよかったかも!

琴美が出てきた時、ふっくらほっぺ見て「私似だと思った」だの、「大仏様みたいだね~」とか、「出産見てどうだった?」とか、2人っきりでたくさん振り返り、23時頃に眠りについた。

後陣痛もあり、たまにお腹が痛んだり、傷が痛んで寝返りもちょっと大変だったけど、疲れていたので、ぐっすり眠れました。

【出産翌日からの体調】

起きて、出産終えた喜びにまた浸る。

赤ちゃんを見に行きたいけど、体はまだいうことをきかないし、行く気力と自信がない。

起きあがるのも大変。トイレに立つとフラフラして、具合悪くなるわ、自分で下着やズボンを持ち上げるのも大変で旦那に手伝ってもらった。

産後はなかなか思い通りにいかないと知り、旦那や看護婦さんにも言われて静かにしばらく休む。

午後になって、「赤ちゃん連れてきましょうか?」と言われ、やっと会える!と嬉しかった!!

連れて来られた琴美に2人で見入る( ´艸`)

そうこうしてるうちに、痛みを忘れていました♪

そうそう、今もだけど、この時まだまだお腹はぽっこり!!

ニッパーがLでもぎりぎり!Mなんて最初とどかなかったです(-_-)

体重も5~6㎏減ったくらいで、15㎏増だった私は今後が恐ろしく感じました(^_^;)

ちなみに今は9㎏減って、あと6㎏です!

お腹はまだゆるゆるの皮と肉。妊娠線は見えないけど、正中線はくっきりですね~

傷が痛んで、トイレ(特に大便で踏ん張るの)が恐かったけど、大便は大して痛くなく、小の方が傷にかかってこわごわでした。

会陰の傷は、幸い裂けてはなかったらしくほっと一安心。

今は、ほとんど痛みも感じず、体調も良いですが少し動きすぎるとすぐに疲れます。

【感想】

出産を振りかえると、やっぱり痛かった~!

こんな痛みが10数時間とか、何日とか耐えた人、かなり尊敬します(>_<)

でも、産後1週間過ぎた今では陣痛ってどんなだったっけ?ってよくは思い出せないわ(^o^;)

私の分娩時間は3時間47分と書いてありました。

かなりの安産だと思います。

今は、無事産めて良かった~とそんな気持ちでいっぱいです!

琴美の安らかな寝顔を見る度に幸せを感じる毎日。

「一生大事に育てるからね」

「琴美大好きだよ」

そんな言葉を日々かけながら抱きしめています(*ё_ё*)

やっとこの腕に抱くことができた私の天使

これからもよろしくね(*^-^)

| | コメント (16)

出産レポート②

【17時過ぎた頃?】 いよいよ分娩台へ

陣痛の強い痛みを感じだしたのが、15:30。

出産まではあと何時間もかかるものと思っていたので、夜中まで耐えるのかと覚悟してたら、早くも分娩台へ移動になり自分でも驚きました(*^_^*)

赤ちゃんの頭が下がってきてるのがなんとなく分かる。

便意を感じるというが、「なるほどこれか」と思った。

陣痛の間にさっと歩いて移動し、足を広げてまず剃毛(^_^;)

この時、私はさっと前開きショーツを出産時の衣類と一緒に上にまくし上げてしまってた。。

これにより私は、ショーツを胸下までまくり上げた状態での出産となってしまう(-_-)

なんてこったい!

【17時前半】 いきみ開始★

旦那が手術着を着てニコニコ登場。

付き添ってくれた看護婦さんは入院の頃からかなり仲良かった方なので、談笑する程の空気だった(^_^;)

ニコニコしながら「頑張れ~」という旦那に「むかつくね~!後で仕返ししようね」という看護婦さん。余裕はないが、ウンウンと頷く私・・みたいな(^_-)

いよいよ、いきみを開始する。

「息を吸って~吐いて~もう一度吸って~はい!いきむ!!」の繰り返し。

いきんだ瞬間は痛みを忘れるがあそこの圧迫感はものすごいものだ!

1度の陣痛の波で2回いきむのが精一杯。

息が苦しくなって、「ハァハァ!」乱れるので、鼻から酸素を送りつつ整える努力。

うまくいきめると赤ちゃんが進むのがよく分かる!

「上手!便秘気味だったやろう?便秘の人はいきむのうまかったいね★」と助産師さんと看護婦さん(;^ω^A

えぇ、便秘でした。大きな大便をするようにいきむとうまくいくと出産記で読んだことがあったので、それを意識してすると本当上手にできましたよ(^o^)

【17時20頃?】 排臨→発露

4~5回くらいのいきみでまず頭が出た!!

嬉しいが、頭が股に挟まったまま居るのは痛い。。

もう、この時は必死!!

旦那がいきむ時に背中をぐっと前へ押して体を起こすのを手伝ってくれるのが有り難かった。

その後も3~4回のいきみで発露

【17:30頃?】 院長先生登場

「こんなに早くお産になるなんてね~良かった良かった」とそんな感じだったかな(^_^;)

「じゃ、切るね~」と言ってジョキ!

痛いというより熱かったです(>_<)

これで出せるなら切ってくださいって感じでした。

【17:37】 出産!!!

会陰切開の後に、肩が出てくる。

頑張っていきんでたら、「もう体をおこしていきまなくてもいいよ」とのこと。

「ウーッン」を繰り返して、体を出す。

最後は「ハッハッハ」で、琴美誕生!!!

生まれた瞬間に元気な産声が聞こえて、心底ほっとした(´□`。)

この時感動して涙!というより「出た~!!!」という喜びと安堵で、ぐったりしながらもやっと笑みがこぼれた(^ー^*)

Cimg1779

17:37 琴美誕生

3770gのビッグベビーでした★

吸引をせず、自力で産めたぞ!

なんだかやり遂げた達成感で一杯でしたy(^ー^)y

その後、旦那がへその緒を切って、琴美はきれいにしてもらい、3人で記念写真。

この写真は本当に生まれたてで、血がついてるし、顔のむくみもすごいですね!

でも、ファーストフォトで記念です(o^∇^o)ノ

→産後の様子と感想は出産レポート③へ

| | コメント (0)

出産レポート①

遅くなりましたが、メモを見ながら出産当日の様子を振り返って記録しておこうと思います(^o^)

11月28日(火)

予定日を2日過ぎたこの日、赤ちゃんがこれ以上大きくなると難産になる恐れがあるということで、誘発分娩に挑む。

とりあえず、1日目はバルーンで子宮口を刺激し自然陣痛を待つ予定で、お産が始まらなければ翌日に点滴による促進剤で誘発するとのこと。

出産は翌日だろうと、緊張感はあまりなく病院に辿り着く。

【9:00】 入院

バルーンと促進剤が効かなかった人が一旦帰宅するところに出会う(-_-)

陣痛室からは別の妊婦さんの「痛~い!!」の叫び声(>_<)

一昨日から病院に来てるらしい。。

私はどうなるのだろうと、ちょっと不安を覚える。

【9:30】 NSTで赤ちゃんが元気なことをまず確認

10分置きに軽い張りがきている。うん、悪くないね。

【10:45】 バルーン挿入

痛いと聞いておりかなり恐かったが、私の場合そこまでなかった。

その理由が部屋へ戻り分かる。

なんとベッドに横になった途端「ポンッ」という音がなり液体が流れる・・

「破水??」と一瞬思うが、どうやらバルーンが割れて(滅多にないことらしい。。)液が漏れた様子!?

子宮口を見ると既に3~4㎝開いてるから、もうバルーンを入れても抜け落ちてしまうようだ(^_^;)

【11:00】 バルーン抜いてNSTで再び様子見

張りが少し強まり、7~8分間隔になっている!

一応刺激になったのか腰も少し重い感じ?

【11:45】 院長先生による内診

やはり子宮口は3~4㎝開いていて、柔らかくなってるとのこと♪

条件が良いので、このまま今日促進剤でお産に進めようと急遽決定!

仕事明けの旦那に電話で知らせると、まだ福岡でのんびり構えていた様子。

「早く来て!今日産むよ!」と言うと、笑ってました(^_-)

【12:00】 昼食食べてると先生に止められる・・

明日促進剤の予定だったので昼食が出て、食べていたら先生ビックリ。

「点滴するから吐くよ!そこまでで止めといて」だと。

すでにほぼ完食でした:-)

【12:30】 浣腸

恥ずかしがらず、思いっきりいきむためにも、産後のトイレは傷が痛くて恐いし、トイレ行くのも一苦労なので、しておいて正解でした(*^_^*)

【12:50】 促進剤の点滴開始

やっとさっき痛がってた方がお産を終えたらしく、陣痛室に通され、点滴をスタート

5分間で張りが来るが、まだ収縮を感じる程度で痛みはこない。

【13:30】 部屋へ戻る(^_^;)

5㎝既に開いた他の妊婦さんがかなり苦しんでいるらしく、そちらのお産が早まりそうとのことで、陣痛室隣の部屋だった私は戻って、その方にバトンタッチ。

「キャー!?」だの「痛~い!!」だの、すごい声が聞こえだした・・

私はまだまだ余裕。

「私もあんな風に叫ぶのかな~(>_<)叫びそうになったらタオル噛みしめるからタオルちょうだいね」なんて付き添いの母と会話していた。

【14:10】 旦那到着

この頃、張りは既に2~3分間隔で、痛みもきていた。

陣痛の間は息を吐くのが苦しい。

少しお腹や腰にも痛みがきているものの、陣痛の間は普通に会話。旦那が食べてるケンタッキーや母が持参したミスドのドーナッツが食べたくて仕方ない(-_-)

【15:10】 陣痛らしいけっこうな痛みを感じ出す

2分間隔で陣痛がきだして、急に「ゴンッ」と腰辺りで骨がぶつかったような音がした!赤ちゃんが下りてきたと感じてから痛みが急に増す(>_<)

【15:20】 院長先生の内診

「あれ!?まだ3㎝から進んでないなぁ。。自然に任せた方が良いのかも。今日はこの点滴がなくなったらやめようか」の言葉にショック!!

痛みは確実に増してるのに、明日また1からなんてやだ!

この点滴がなくなるまでに子宮口開くよう祈る(T_T)

この時、陣痛の間隔は既に1分くらい

【15:30】 陣痛に涙!!

先生が居なくなってから、かなりの痛みが襲ってきて、涙がとまらなくなってきて自分でもびっくり!

うなり声が出始めて、乱れ始める。どうやっても痛い。

NSTをつけてるし、点滴の管が短いため、自由に動けなく、色々な体勢を試せなかったのが辛かった<(_ _)>

【16時台】 子宮口5㎝開大

メモができなくなってきた。

私の声を聞いて助産師さんが来る。

タオルを噛みしめるなんてしたら、息できなくなるから無理!

内診すると「5㎝開いたよ!お産ちゃんと進んでる!」の言葉に痛いながらも喜びを感じる。

【16:30くらい】 陣痛室に移動

痛くて暑くてかなり乱れてる状態。。

恥ずかしさを忘れ、服をまくり上げてしまう。

髪の毛も暑くて邪魔!汗をぬぐい、しっかり書いてた眉も消えかかる・・(-_-)

移動前にトイレに行くが、その中でも陣痛の波がくると痛くて苦しむ。

出血も多い。

でも、移動途中の立ってる方が痛みは逃しやすかったかも?

【16時後半】 9㎝開大

仕事明けで眠そうな旦那に「まだかかるだろうから寝てていいよ」と気遣うが、もう余裕はなかった。寝たそうだったが旦那は背中をさすって付いててくれた。

でも、さすってもらっても痛みはどうにも治まらない・・

「もっと下!上!」などと、声が出てしまう。。

強く押されると今度はそこまで痛くなって辛く、うまくいかない。

うーん、難しい・・陣痛の痛みは腰と、下腹の方にもきていた。

鼻からスイカでもないし、ハンマーで腰を叩かれる痛みとも違うような、例えるのが難しいし、どうして欲しいかも、どうしたら治まるか分からないので伝えられず、モヤモヤし、ただ耐えるのみでした!

「暑い!扇子であおいで!」と頼んだのは覚えているが、そんなもんあるはずない(^_-)

でも、陣痛室に団扇があったらしく、旦那はさすりながら団扇であおいでくれた。

陣痛がくる度に、「痛ーい!」とやはり声はでてしまいました。

陣痛室にきて数十分後には内診で9㎝開大!!

「分娩室へ」の言葉がこんなに早く聞けると思ってもなかったので、かなり嬉しかった!

→続きは出産レポート②へ

| | コメント (0)